2002年10月

2002/10/30

で、明日がゼミだというのに、インストールに精を出す私。 さらに、ライセンス体系がかなり複雑で、おまけに 教授名義で登録をしなくてはいけないので、かなり参った。 参ってばっかり。

2002/10/29

別のPCにインストールしたら、またしてもやられた。 さすがに2台の不具合だとかなり怒れてくる。 とりあえず、FAQなどを読んでいたら、WinSP3との相性もんだいで、 修正ファイルが出ていたのであった。 でも、深いところからやられてると、後々厄介なので、クリンインストール することに。 で、そんなことばっかりやってたら、結局日付が変わってしまった。 しかも、帰る途中に、珍走団の大群が通っていくところで、 ちっとも道を渡れなくて参った。 一緒に研究室を後にしたsayuu氏も、僕とは別の交差点でちょうど当たって しまったようだ。

2002/10/28

ゼミが終わったら、研究室に新しい設計ソフトが届いた。 今日発送ときいていたので、かなり不意をつかれた感じ。 で、インストールして再起動っと。したら、突然のブルースクリーン。 やられた!と思って、とりあえずM2の先輩にヘルプしてもらって、 なんとか、起動だけは出来るようになった。

2002/10/27

夕飯に某カップラーメンを食べたら、中のスパイス小袋が斜めに裁断されていて、 スパイスが出てしまっていた。 というわけで、クレーマーモード発令。

2002/10/26

この前買ってきた、講談社文庫のおくの細道を寝る前に少しずつ読み進めていたのだが、 漸く読み終えた。 とは逝っても、初めは文語で頑張っていたつもりなのだが、結局とちゅうから口語訳を読む…トホ。 しかし、これを心底理解するっていうのは到底僕には無理なわけで。 ただ旅行好きっていうだけでは全然ダメダメ。 漢詩とか日本史とか、そういうバックグラウンドが無いと本当のおもしろさを味わうことはできないなぁ。 と思った。 とは言うもの、高校の古典で出てきた章はちゃんと覚えているもんだな。 片雲の風に誘われることは良くあるが、旅先で死せるのはゴメンだ。

2002/10/25

Jフォンというブランドが消えて、ボーダーフォンになるようだ。 世界的ブランドを構築するのはいいけど、中身がバラバラだと困る。 最終的に混乱するのはユーザだ。とくに、世界中で同じブランドが 使われると、複数国間で共通のツールであるという誤った認識を与えかねない。 現在、東海地区だけ特殊なJ−フォン。 現在でも、利用者に混乱を与えている(とくに外国人へ) ということを認識しているのだろうか。 はじめにブランドを統一し、それを構築目標にしているのでは、 利用者軽視な気がする。(auもそうだったけど。)

2002/10/23

夕方、焼き肉を食べに逝く。焼き肉だったので、5k円くらいを覚悟して 逝ったのだが、2.6kという、かなりの安さでビクーリした。 ドリンクバーの飲み過ぎで、帰ってから相当気分が悪かった。 程々にしよう。

2002/10/22

久しぶりにプロジェクトXを観る。 GPSカーナビの話しだった。 カーナビは相当便利なモノだ。 auのサイトを観ると、XHTMLの技術公開が思いの外あった。 おまけに、携帯から得られた位置情報のパラメータ取得方法まで 公開されていた。今あるHDMLを書き直して、GPSから 緯度経度情報くらいは取得出来るようなプログラムを組みたいと思う。 けど、そんな暇がないんだよなぁ。

2002/10/21

朝、久々に大学の喫茶店でモーニングした。 主要新聞に一通り目が通せる上、コーヒーが飲み放題なので、30分ほどマターリしてきた。 しかし午後はゼミ。かなり爆死した。 その後、研究室で購入するコンパイラの品定め。 今日はヤマナカへよることができた。

2002/10/20

21時頃まで研究室にいたので、ヤマナカへ行けなかった。 夕飯は、吉野家で並盛りを2つお持ち帰りした。 とりあえず、次回は並盛りが無料だ〜。

2002/10/19

夕刻、no-ri氏とラーメンを食べに行く。 かなり常連化してきた。危険。

2002/10/18

どうも完成のめどの立たないプログラムに取りかかった。 CやFortranでソースを書くのとは訳が違うので、予想通り終わらなかった。 BLASTが人の名前じゃないって初めて知った。

2002/10/17

研究室で使っている、某ソフトウェアの紹介セミナにM2の先輩とsayuu氏とともに出かける。 4時間ほど、いろいろと聞いていたが、いろいろと使えることは分かったけど、 実際に使うとなると…。 つうわけで、3人ともショボーンとなって帰ってきた。

2002/10/16

後期は授業をとらなくてはいけない。しかも他学科。 つうわけで、スタンプラリー。土木とかの棟まで逝ってヘロヘロになった。

2002/10/15

キタから被害者が帰国。やはり20年以上のキタ生活が会見からも感じさせられる。 まぁ、しょうがねぇ国だ。

2002/10/14

夕方吉野家に行ったら、某S氏にあう。 彼はすでに、並盛り1杯の恩恵になんどかあずかっているそうだ。 最近、吉野家逝ってなかったから、僕はまだ2枚しか集まっていない。

2002/10/11

ノーベル化学賞キター! 田中さんすげぇなぁ。謙虚にしてるところとか、一般人からみた視点でコメント出すところとか すごくカコイイ!

2002/10/10

だいぶ眼の調子も良くなってきたが、もうちょっと自粛モード。 しかし、眼鏡は非常につらい。遠くのものが見えない。なんとかすれ。

2002/10/06

献血を31回もして、健康体だとおもったら大間違いなわけで。 一昨日から左目の横が痛いとおもってコンタクト自粛モードにしていたのだが、 今朝は目ヤニで眼が開かず、かなり腫れていた。 確か、コンタクトを作った眼科は日曜営業だとおもって診察券を見たら、案の定11時から診てくれるようだ。 そういうわけで、早速眼科へ。で、いつも通り、視力と眼圧を測って、その後問診。 結局、結膜炎ということだった。コンタクトは4,5日自粛すれとのことで、 抗生剤(クラビット点眼液)を処方してもらった。抗生剤は良く効くから大好き♪ あと、4月だかに花粉症用で注したことがある、フルメトロンっていうのももらった。
家に帰ってから、過去の投薬履歴と照合したところ、クラビットは1ヶ月前に服用していた抗生剤だった。(汗

2002/10/05

爆睡。

2002/10/04

ゼミ。2週連続で結果が出てない。ヤバイ。

2002/10/02

リベンジ。三重へ。 前回、あまりの混雑ぶりに断念せざるを得なかった、四日市献血ルーム。 今回は、あそこまでいって断念する事のないように、10時過ぎに予約の電話を入れる。 出発時刻まで、連絡乗車券関連をネットで調査。 どうも、大学最寄り駅から、近鉄四日市までの切符は買うことが出来るようだ。 みどりの窓口が空いていたら連絡乗車券を買うことに決める。 で、みどりの窓口は、新幹線の切符をかうおじさんたちでごった返して(?)い たので、 おとなしく券売機でJR分だけを購入。 名古屋では連絡改札まであるから、券売機で連絡乗車券出してくれても 良さそうなものだが。それから、MV端末をおいても良いくらいの発券量はある ような気がする。 で、近鉄の連絡改札の券売機で近鉄分を買い、急行に乗車。 検札とかあるのにびっくりしながら、四日市到着。 近鉄百貨店内局に立ち寄ったら、移転前の献血ルームをハケーン。 しかも、ゴム印が2行のやつでびっくりした。 時計を観るとまだ時間があったが、とりあえず献血ルームへ。 到着すると、「今朝電話したものですが…」と受付へ。すると、反応が 「○○○○サンですか〜!」というもの。 なんでも、苗字だけ入れてデータが取り出せたので感動したらしい。 その職員サンも珍しい苗字で、苗字だけ入れてデータが取り出せるとのこと。 うーむ。私の親戚関係は献血してないのか…。親父は輸血歴があったりして いまは献血出来ないらしいから、データは抹消されてる(もしくは不可フラグが たっている)みたいね。 そんなこんなでジャンプを読んでいると、やがて呼ばれ、まずは問診。 女医さんは久しぶりだ。とりあえず血圧を測って、まぁ、こんなもんでしょ。 ということで、採血へ。なにやら、履歴をみながら、血小板数にばらつきが あるというような話題。今日は高いらしく、無事に血小板採取。 お相手はCCSらしい。4サイクル10単位。辛いなぁ。 そして、無事に終了。待合室に戻って職員サンとすこし話して、ジュースなんかを飲んで ルームを後に。 近鉄四日市駅に戻ると、ひとまず窓口でXX駅までの乗車券って買えますか?と聞いてみる。 「出る駅と出ない駅があるでねぇ」とおっしゃって、パネルを操作してくれたが、 タッチパネルのJR駅一覧を探しながら、あったあったと。 そして、画面上では、出発駅、到着駅、連絡乗り継ぎ駅を指定し、無事発券された。 非磁気化券で、東海エリアが金額指定だったのが残念だったが、まぁイイとする。 途中で、検札が回ってきたが、このキップをさしだしたら、車掌さんは凝視して、 検印をせずに返してくれた。 というわけで、31回目の献血完了。

2002/10/01

はえぇなぁ。もう10月か。 台風到来。首都圏直撃だったが、昔ほど台風に弱い都市というわけでは無くなっ たみたい。 一応、早く帰宅しましょうメールが届いたので、さっさとかえって、 NHK観てましたが。 内定式とかで東京に行ってたお友達は、途中で新幹線が止まったりしたらしい。 しかし、今回亡くなられた方々は、直接大水なんかが原因でなく、 感電とか、ガラス枠の下敷きとか、そういうところで昔と違うなぁとおもったり。

はじめに戻る