2004年11月

2004/11/29

プログラム作成。

2004/11/28

午後から

2004/11/27

今日もお出かけ。最近お出かけばかりしている気が。 久々にM∀RU氏から誘いをうけ、佐倉市にある日本歴史民族博物館へ行くことに。 最近博物館には行っていなかったので楽しみだ。なんでも、 特別展の「明治維新と平田国学」のなかでM∀RU氏の先祖が紹介されているという。 朝イチで入館しようということで、8時のエアポート快速に乗ることに。 往復はホリデーパス。企画乗車券を使うのも久しぶりだ。 2時間くらいかかるのでグリーン。激しかった先月の残業代で買ったという デジタル一眼レフを持たせてもらう。軽い。
佐倉駅は思った以上に何もないところで、博物館まではバスはでているもの、 丁度良い距離なので歩いていく。天気も丁度良くなかなかいい気分。 道標も整備されていて迷うこともない。佐倉城趾にその博物館はあり、 流石国立だけあって、建物も貫禄がある。周辺もきれいに整備されていた。 さらに流石国立だけあって大学生は学生料金。後ろでM∀RU氏が「大学院生だろ」と 言っているが、そんなのは意味がない。学割マンセー。 11時からその道の方が説明してくれるギャラリートークまで、 一般展示を見学することにした。縄文時代からじっくりと見ていく。 古墳時代が終わり、貴族の時代に入ろうとするところで時間になったので特別展示室へ。平田国学は島崎藤村の思想に大きな関わり合いがあって、M∀RU氏の先祖も そのあたりで関係してくるとのことだ。 でも2人とも、「夜明け前」を読んだことがない。なかなかふざけている。 ギャラリートークに集まってきた人は結構年輩の人から大学の助教授くらいの年令の方々。 多分俺が一番若かった。 まともな交通機関が無かった時代、教育活動のためにあちらコチラにいったりと 非常に精力的な活動をしていた。 それでもやっぱり規模が大きくなってくると門徒達の派閥間の軋轢とかが生まれてきたようだ。 肝心のM∀RU氏の先祖の話は最後の方で出てきた。 ご存知夜明け前の話しは伊那谷や木曽谷に関連が深く、その著者は平田国学を学んだ 島崎藤村である。 細かいことは良く知らないが、平田国学の学校の展示で山吹の学校とか あとは、本学神社(これは小学校2年の遠足で行った)の創建祭の寄付の集まり方とか そういう展示があった。 それから、もっと興味深かったのは、平田国学を学んでいた各地から 各所の出来事が中央にあつまり、情報ネットワーク論から研究の余地がある とのことだった。下手をすると幕府より情報が集まっていたということらしい。 体系的に全然理解出来ていないのだが、飯田近所に住んでいた身としては 夜明け前(文庫本4巻)を読んでみることは必要だと考えられる。
2時間に渡ったギャラリートークは、館長と東農大の助教授の先生によって行われた。 入館してから立ちっぱなしで疲れたので昼食に行くことにする。 館内のレストランに行き、古代米をつかったハヤシライスを食べる。まあまあ。 その後、残りの展示を見ていく。平安時代から始まって戦国時代に入らないくらい のところで疲れたので退散。 帰りはもうちょっとショートカット出来そうな道を選んで駅まで。 実家へ帰るというM∀RU氏だったので、新宿まで一緒にでて、大戸屋で夕飯。 バスに乗ったM∀RU氏を送って帰宅。

2004/11/25

午後、共同研究先の人が来ることになっていたので午前中データの整理。 論文概要の提出期限が明日なのでそれも清書。でも先生がいなかったので 印鑑をもらえなかった。 午後は本読み輪講のあと共同研究先の人と打ち合わせ。期日も迫っているので今後の方針を決める。

2004/11/24

夕方昨日整理したデータを提出。 したら、取り足りないデータが結構あったのでシミュレーションを投入して帰宅。

2004/11/23

「ハウルの動く城」を観に行く。朝7時20分の回。朝早くだというのに、30人くらいの列が出来ていて、 自分が列に付いたらみるみる間に長くなっていった。 親子連れが殆ど。健康的だ。予告編に続き、密かに楽しみにしている サウンドシステムのトレーラー。初めてTHXというシステムのトレーラーを観た。 これでスピーカーに包まれているということが実感できるからな。 始まってからいきなり質の高い画。これがジブリだね。色数と色遣いも鮮やか。 あとは、お子さま向けを意識しているのかもしれないけど、所々の小さな笑い取りはいらない。 あと、どうも羽がパタパタして空を飛ぶ軍艦とかそういうのもジブリっぽいっていえば そうなんだけど、なかなかタケコプター以上に違和感がある。 それから、呪いをかけられた後のソフィーが、ドーラのおばさんに見えて仕方がなかった。 (初めて見た(ビデオで)ジブリはラピュタだった。) ストーリーはなかなか面白かった。魔女が一般社会のなかで当たり前だっていうところが 夢があって良いね。宅急便のときもそうだったけど。 話の中だるみもなくて最後まであっという間に見させていただきました。 カルシファーにすすわたりの面影を見た。
930ころ上映終了だったのだが、すでに1230の回まで満席となっていて、改めて驚く。 行ったシネコンは2スクリーンで上映していたのに。
その後は研究室へ行って、自分の研究とは直接関係のないデータの整理。 グラフを書くのにやたら時間がかかった。

2004/11/22

今日は特別20時からミーティングがあってとても疲れた。

2004/11/21

今日も日曜なのに家にいた。今月はフルで週休2日。 さて、夜21時からNHKスペシャルを観た。キトラ古墳の壁画を剥がして保存するプロジェクトのドキュメント。 あと数年もしたらナレーションをトモロヲ氏にしてプロジェクトXみたいな感じに仕上げることができそうな内容だった。 歴史はそんなに詳しくないけど、遺跡とかは結構好きで、その時代の人がどんなこと考えていたのか 考えるのは面白い。 人に見せるための壁画ではなくて、それ以上の何かに対する壁画だと言っていた。 確かに、石室内部に葬られる人へのモノであり、その当時の思い考えが絵の細部の表現に現れている (に違いない)。 絵だけでなく建築や彫刻とかも非常に興味深いものは日本にはたくさんあるし、地球上にもあるので 出来る限りチャンスをみつけて訪れてみたい。

2004/11/20

このまえ、LAに行ったときにカリフォルニアワインを買ってきたので それを自分家で飲み会。 アサリのワイン蒸しとかも簡単に作って、あとはいろいろ持ち寄ったモノで飲みまくる。 みんな旅行が好きな人なので、そんな話をして過ごす。

2004/11/19

夕飯で久しぶりに大戸屋に行く。 「鶏の炭焼き定食青唐みそ添え」を食べた。鬼ウマ((c)IΣЯ)。 セブンで売られている野菜スティックがあるが、そんなヤツが付いていて これがなかなか。キャベツは一回お湯に通してあるのかな。シナシャキみたいな感じで鬼ウマ。 まぁ、ただのキャベツだけど。

2004/11/18

だべりが多くてあまり研究がすすまんかった。

2004/11/17

朝、新聞を読んでいると1面に見覚えのある写真。 あの東の川簡易だった。内容は、もう人の住んでいない集落にまで郵便局があるのは 明らかにコスト度外視というもの。年に600件しか取り扱いがないそうだ…。

2004/11/16

インフルエンザの予防接種に行く。ポスターが貼ってあった近所の開業医へ。 なかなか混んでいる。結構近所では評判の医者らしく、遠くからも来ているようだ。 風邪がなかなか治らないから多めに処方薬を飲んで、胃をやられて来院して 先生に怒られたといってショボーンとしているおばちゃんとか、 受付の人と薬の名前をやたら並べて、まだ大量に残っている薬があるからそれはいらないとか 交渉しているおばちゃんとか。 なんか見ているとみんな元気だ。 肝心の自分の注射は、体調悪くないかとか念入りに問診、聴診してくれて、 ワクチンの説明書をつかってインフォームドコンセント。 で、腕に注射。なんか献血の針の太さに馴れてしまったためか注射って言う感じがしなかった。 皮下注射っていうのもあったかもしれないが。 もちろん保険は利かなくて、それでも3000円。4000円が相場と聞いていたので それより安くてよかった。

2004/11/15

今日からまた研究室だ。はうぅ。

2004/11/14

一日中家にいて、片づけやらなにやらをしていた。

2004/11/13

修理をキャンセルしたデジカメを受け取りに新宿へ。 山手線が人身事故で止まっているらしかったが、携帯でチェックすると既に動き出しているようだったので そのままJRへ。代々木で抑止をくらったので、改札を出て歩いていく。 先にコンタクトを買うためにいつもの店へ。 テストレンズをパッケージから出したらレンズが欠けていた。やっぱりそういうことはあるのね。 その後ヨドバシカメラへ行き、カメラを受け取って、PCカードスロットの接触が悪くなった ノートパソコンを修理に出して、そのまま新南口まで歩く。 東急ハンズで手帳のリフィルを買って、紀伊國屋で本を漁って、代々木で飯を食べて帰ってきた。

2004/11/12

天然ダムという呼称が河道閉塞というのに変わったらしい。 「天然」ということにポシティブなイメージがあるというのが理由。 たしかに天然自体に良いイメージはあるのだが、 「ダム」と結びつけることで、土砂が堆積して川をせき止めたということは容易に想像が付いて で、それほど良いイメージには繋がらないのだが、 まぁいろいろな考えがあるか。

2004/11/11

(・○・)とき

2004/11/10

髪を切りに行こうと思い、近所のセブンのATMでお金をおろした。 飯田信金のカードで下ろしても手数料タダ。

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

と言うわけで新券は10日目にして巡ってきたのでありました。 留学生には女性が描かれた5000円券が人気なのだが、 まだ見ていない。1000円券とともにいつ巡ってくるのか。

2004/11/09

昼前に、共同研究先の人が来ることになっていたので、 レポートをまとめるために午前2時に大学へ。 で、ボチボチと仮眠を取りつつレポートを書いて ミーティングもなんとか切り抜ける。 夕方、PC Cardの規格について訊かれわからんかった。 世の中には分からないことがたくさんある。

2004/11/07

先月ライチリキュールをもらった。 トニックウォーターで割って呑むとこれがなかなかいける。 サッパリといけるので週末のお楽しみ。

2004/11/06

CDから可逆圧縮で音楽を取り込んでいたら、HDがデフラグが出来ない程度に一杯になってしまった。 そこで、部屋の片隅に転がっていた10GのHDを入れることに。 久々にパソコンのフタをあけ、ごちゃごちゃとした配線を整理しつつ装着完了。 BIOSみるとちゃんと認識したっぽい。 さて、もともとパーティションを2つに切ってあったので、これを1つにまとめたい。 起動ディスクとかゴタゴタとやらなきゃだめか…とおもってネットで調べると、 なんとコンパネからGUIで設定できるという。 さすがWindowsだな…と思った瞬間でありました。

2004/11/05

午後は学会のワークショップがあって、ずっと座っていた。 なかなか面白い発表を聴けたのだが、如何せん3時間を超える時間座っていたのでヘロヘロになった。
デジカメの電池の減りが急激に早いので、先日修理にだしておいたのだが、 見積もりが電話でかかってきた。 25000円。基盤総取り替えか…。 泣く泣くキャンセル。 つうかあり得ない値段だ…。新しいの買うか…。でも当分無くてもいいか…。 で相当に凹む。 自分にしては珍しく、あまり吟味せずに買ったからなぁ。 そのツケが回ってきたか。

2004/11/04

アメリカの大統領選だがブッシュになったのは まぁいろいろと異論もあるかもしれないがイイとして、 投票制度がなかなか興味深いというか、どうもねぇと言う感じである。 そもそも選挙人制度っていうのが、なんか中学の公民の時間に もともと広大過ぎるアメリカで直接選挙にすると 集計がとっても大変だからと言う話をきいたことがある。 それゆえ、選挙人が12月の本投票に行くのは命がけの州もあったとか。 これだけが理由だとしたら、このご時世、世界各地で 大統領選の集計結果が速報され、注視されるんですから直接選挙に したらいいのに。と思っても、選挙人を選ぶ選挙でもいろいろ 投票にまつわるトラブルが発生しているしでダメね。
アメリカはまだヤードポンド法だし華氏だし、 コインもダイムとかペニーとか知らない人は金額が分からないしで、 もうちょっとナントカしてくれよと思うこともしばしば。
今日は、2つの銀行のATMからDLしたが、 まだ新券に遭遇することは無かった。旧券のピン札が出てきた。

2004/11/03

今日はちょっと遠出をしようと思う。ショートトリップ。 9月に立て続けに行った海外旅行のおかげで2ヶ月以上献血が出来なかったのだが、 今日から復活である。丁度手帳の更新にも当たっていたため、 東京とか神奈川だと面白みがかけると思い、宇都宮まで足を伸ばすことにした。 ご存知の通り11月から湘南新宿ラインが大増発され、おまけに 全列車にグリーン車が連結され、気軽に乗れるように価格改定もされた。 朝は近所の駅から6時半に乗車。JRの駅に着いたらまだみどりの窓口が開いていなかった。 恵比寿を0715の湘南新宿ラインに乗りたいと考えていたため 7時の開店まで待つことにした。 宇都宮までは山手線内から100キロを少しこえるので学割が使えるのだ。 しかも、帰りは川崎で買い物をしようと思ったので、生まれて初めて「連続乗車券」を買うのだ。 しかし、発見されたのは「片道乗車券」2葉だった。 まぁ、学割証1枚で売ってくれたから良いようなものの…。 日帰りの予定だったのでそのまま受け取って、普通車用グリーン券も買って山手線に飛び乗る。 予定通りの湘南新宿ラインのグリーン車はガラガラだった。 今日は休日で「座って通勤」需要が少ない。そのため休日のグリーン料金は平日よりも 200円安くなっている。 スイカグリーン券というチケットレスのグリーン券もあるのだが、 今日は磁気券だったのでアテンダントの人が回ってきて携帯端末から情報を入力、 頭上のインジケータのランプの色を変えてくれた。 自動放送をきいていて気づいたのだが、次駅の案内の時に日本語では開くドアの案内がないのに 英語だとそれがある。さらに、グリーン料金が駅で買うのと車内で買うときでは値段が違うのを 日本語では「値段が異なります」なのに英語だと「乗車前に買った方が安いです」と言っていた。 直訳調でないところがイイね。 しばらく本を読んでいたのだが、あまりにもイイ感じで揺れてくれるものだから、大宮を 出てからはほとんど眠っていた。 宇都宮に到着すると、駅前のミスドで朝食を摂り、しばらく歩いて献血ルームへ。 インターネット端末があったのでいじっていると、そのうち問診に呼ばれる。 海外旅行の欄に記載があって、学会で行ったのだというと問診医のおじいちゃんは いろいろと聞いてくれた。学会はスペイン語なのか?とかきかれて、 やっぱり分野によって学会のイメージとか開催状況は違うなと思う。 採血はCCS。看護婦さんは始め3サイクルだと言っていたが、 CCSが返してきたのは4サイクルということだ。 適当にテレビを見ながらやっていると3サイクル目の返血くらいから寝てしまった。 とはいえ、フローエラーが出ることもなく無事終了。 このルームは終了後問診に出向いて雑談血圧測定を行うようだ。 で、さっきの先生と再び雑談。 医学の国際会議ではProceedingが出ないことがあって、発表が結構いい加減とか言ってた。 終了後無事新しい献血手帳と処遇品をもらってお一人様1個のどら焼きとコーヒーで休憩。 再び駅に戻り、時刻表を見ると、次の湘南新宿ラインまでは1時間弱ある。 折角宇都宮に来たんだから、アレでしょ。 ということで、駅前の適当な店に入って、生ビールのついたナントカセットを注文。 (良いドナーはマネしてはいけません。w) 帰りも2時間強乗るのでグリーン車。今度は磁気券ではなくスイカに登録してみる。 これもまたグリーン車はガラガラだったのだが、都内に入るとちょっと乗車率が上がった。 見たところ、車内でグリーン券を買っているひとが多い。乗る前に買えば250円も安いのに。 そのまま横浜まで出て、予定通り川崎で買い物をしてから帰宅。 久しぶりに遠出ができて楽しかった。

2004/11/02

今日、輪講の発表順が回ってきた関係で、 久しぶりに研究室に泊まった。そんなに寒くないので、 夜は窓を閉め切ってエアコンのドライモードをオフにすれば、 あとは研究室内にある無数のパソコンの廃熱で室温が保たれる。 発表も無難に終わったといえば終わったのだが、最後に助手の人に あんまり意味のない検討だと指摘されて凹む。 明日は久しぶりに1日オフにすることを決めて、さっさと帰宅。 アマゾンで注文していた洋書と祖父母の家からの荷物と、 ヤフーBBの個人情報流出のお詫び商品券が3つの配送業者から別々に届く。

2004/11/01

今日から新券の流通が始まった。 日銀の予定としては2年くらいかけて置き換えたいとのことだけど、 果たしてどうなるのか。 自分は、どのくらいの期間、新券から逃れられるのか試してみるつもり。 積極的に両替に行ったりなんかはしない。

はじめに戻る