2004年8月

2004/08/31

郵便局の窓口へ用事。 すると、公共料金の自動払とか貯金の保険だとかいろいろを勧められた。 全て入っていたのでコッチの勝ちだ。

2004/08/29

久しぶりに雨だったので、何もやる気が起こらず。 午後から研究室。

2004/08/28

午前中新宿で買い物。 午後は研究室。

2004/08/26

21時近くから先生とディスカッション。 それなりに盛り上がった割りには、これといったアイデアも出ず。

2004/08/24

起きて朝食を摂って、鬼怒川ライン下りへ。 天竜も下ったことがなく、こういう下りは初めてだった。さてどんなものやら。 水面が近くてなかなか面白かったのは確か。 でも、船を通すために流路を変えたり川底を掘り下げたりと結構な苦労がありそうだ。 乗客を飽きさせないガイドもなかなか。 なんか、天竜舟下りもしてみたくなった。 その後は日光江戸村。まぁ予想通りの内容といったところか。 でも、役者の江戸の言葉遣いが中途半端だと思った。 「写真撮影のほうは自由でござる。」って「ほうは」って最近の日本語だろ! あと、カタカナ表記すべきものも全てひらがなになっていたのはどうなんだろう。 少なくともカタカナはひらがなと同じくらいに成立してる訳だし…。 江戸村は対象年齢がもう少し下かなと思った。 帰りもスペーシアで浅草まで。

2004/08/23

今日から研究室の旅行で鬼怒川温泉へ。 昼の東武特急スペーシアきぬで鬼怒川温泉へ。 雨の中テニスを楽しんだ後、ホテル。 ホテルは鬼怒川でも大きい方のホテルで、収容人数も激しく多いはず。 客も相当いた。こういったホテルに泊まるのは久しぶりだったので、いろいろが新鮮。 荷物を置いて雨の中テニス。1年ぶりだったけど、まぁそれなり。 ただ、ソフトテニスのようにはいかない。 テニスの後はホテルに戻って温泉。 温泉はかなり広かったのだが、激しく塩素のにおいがした。 とおもったら、塩素殺菌している旨の貼り紙もあった。 鬼怒川はそんなに湯量が豊富でないのかな。ホテルの規模は、この前の十勝川温泉くらいだったけどなぁ。 でも、このクラスのホテルはアミューズメントが充実していて、 ゲーセンとか卓球とか、夏休み限定イベントとか、2次会の飲み屋とかが揃っている。 そういうので温泉地へ来たという気分を満喫してもいいよなと思った。

2004/08/22

午前中は布団の中でゴロゴロ。午後から研究室。
最近あのIΣЯがホームページを開設した。毎日更新しているので、こちらも負けておれんというわけで、 毎日更新に決意を新たにするのであります。 明日から研究室の旅行で鬼怒川温泉へ。このクソ忙しい時期に!

2004/08/21

某電力会社からプロジェクトXの企画展の招待券をもらったので行く。場所は東京ドームのプリズムホール。 ダラダラしていたら、10時半になってしまったので急いで行く。 太田和彦氏の本を読みながら地下鉄に揺られること30分。入り口にはあまり人がいなかったので空いているかと思いきや、 中は結構混雑していた。最近はプロジェクトXの時間に家にいないからあまりみていないんだけど、 アイボとか割と最近のも取り上げられているらしい。 でも、高度成長期のテーマとバブル崩壊後のテーマとでは、どこかにギャップを感じるのは確か。 最近のはエンターテインメント要素が多くなっていて、「生活を便利にする」というところに直結して来ないのが大きな違いだと思う。 後半は、協賛企業のブースが並んでいた。オムロンの自動改札機の展示はかなり興味をそそられた。 最新型の自動改札機の側面が透明アクリルパネルになっていて、内部での切符の処理をみることが出来るようになっていた。 3枚の処理がどうやって行われているかを以前から知りたいと思っていたのだが、なるほどああいう風にやっているのね。 本当に機械的な動作ばかりで、駅で頻繁にメンテナンスをしている光景をみるがそれも分かる気がする。
その後は新宿へ出向いて、9月にヨーロッパへ行くためのユーロの購入。三井住友銀行の外貨ショップへ行く。 若干予定よりレートが良くて良かった。20000円をユーロに交換。1円=139.45ユーロ。ちなみにT/Cだと1円=136.85ユーロ。 その後、大戸屋で昼飯を食べて、ヨドバシで細かい買い物。
14時近くになったので、渋谷まで行き、最近できた献血ルーム「SHIBU SUN」へ。 センター街という休日にあまり行きたくないところに開所したのだが、なんとか発見。 ここは全血オンリーだが、9月に海外出張があり、帰国後4週間は喪中となるので、丁度良かった。 前検は硫酸銅というものはなく、比重を測定する器械が置いてあった。硫酸銅きれいなのに。 左手から400ml。時間がかからない分すんなりと終了。それでも思ったほど早く抜けなかった。 ここは、女性のドナー比率が激しく高い。 ちなみに、めでたく50回達成となり緑色の盃をもらった。 都庁ルームで初めての200mlをしてから足かけ6年1ヶ月。次に節目の記念品がもらえるのは100回。 それまで健康で献血を続けていきたいモノだ。

2004/08/20

キツイキツイ。 担当教官が帰りがけに「お前は休みが無くて大変だな」と言う。 金曜日に言わなくたっていいのに!ショボーン。

2004/08/19

なんだかんだ行ってオリンピックは気になる。 NHKは中継か録画かを左上に出してくれているからいいが、 民放はそれを出してくれないところがあるから出して欲しいものだ。 録画をリアルな時間で見るつもりは毛頭ないのであります。

2004/08/18

今日からまた大学か…。イヤだなぁ。

2004/08/17

朝のバスで帰京。バスにはこの前OB会で会ったなる君が乗っていた。 バス停の時点で10分以上遅れていて、このまえ不祥事のあった 信南交通だったので、運転は至って丁寧。そのため、飯田での遅れを そのまま引きずって新宿着。
午後は免許の書き換えに近所の警察署に。 受付で視力をはかって印紙を買って、写真を撮って教室へ。 前回は愛知の免許センターで書き換えたから、広い教室に100人くらいが 受講していたのだが、今回は教室に8人。 ビデオを半分くらいみせられて、あとは、もらった本からトピックを 掻い摘んで話してくれて、最後は法律の改正点を一通り教えてくれた。 収穫は法律の改正点だけだな。 めでたく「優良」の免許をゲットし、写真も前のよりはマトモになった。
帰宅後、もう一度更新案内をみたら、初回講習は2時間となっていた。 改正されたのかどうだかは知らないけど、自分の初回講習は 優良の人達と一緒に直ぐ終わったような覚えがあるが。 >と3年前の日記を読み返してみるとやっぱりそうらしい。

2004/08/16

午後、親の人とぐぐっと買い物に出かける。 一応、大学から宿題を持ち帰ってきてはいたのだが、 全然やる気にならず、他の時間は本を読んで過ごしていた。

2004/08/15

午前中はずっと睡眠。 午後はダラダラとオリンピックを見ていた。 親の人が寿司が食べたいというので、ネットで検索。 するとちょっと遠いけど、なかなか良さそうな店があったのでそこへ行く。 噂通り、ネタもでかいし新鮮で旨かった。

2004/08/14

午前中、祖父母の家に行ってお盆。昼を一緒に食べて、午後は母方の実家に行ってお盆。 その前に、愚弟のなにやらで、中川村のアンフォルメル美術館に寄っていく。 絵はよく分からないけど、アンフォルメルとは戦後に出来た抽象画の一派(ということでいいのか?) その弟の先生の紹介かなんかで近所にお住まいの画家の人がわざわざ出向いてくれて いろいろ説明してくれる。説明してくれるからには、コチラからもなにか質問とかしないと失礼である。 科学系の博物館とかなからホイホイと思いついていくのだけど、相手が芸術となるとそうもいかず、 ショボい質問を浴びせてしまってごめんなさい。 本当の目的はココの建築を見ることだったんだけど、毛綱毅曠という建築家の設計とのこと。 帰ってから調べたら、この前見てきた釧路のフィッシャーマンズワーフとかの設計者ということで驚いた。 でも、たまにはこういうのに触れるのもイイかなと思った。 隣の別荘には、もうすぐ喫茶店を開業するとのこと。 眺めもいいしなかなか良いところにあったと感じるのは、都会での生活が長くなっているせいかもしれん。
15時からは物理班のOBOG会。久しぶりにアストロで多摩コロ。 9人いたので3レーンでさくっと2ゲーム。 その後、つぼ八で飲み。片っ端からジョッキで注文する (というか、ここの店員はかなり煽る(笑))。 初対面の人もいてはじめはぎこちない感じだったのだが、 酒が入ってくるとみんな喋るようになった。 おかげで会計がなかなかスゴイことになった。 そのあと、サウストでカラオケ。3時間くらい歌った。 宇多田のリスクを歌ったら音が取れなくて大変だった。 久しぶりにオジャパメンを歌った。 カラオケの後は何故か全員で天龍村へドライブ。予想以上に遠かった。 阿南高校へ行く道へと曲がったのだが、新野経由のR418でいけば、 丁度、新野の盆踊り(一晩中踊る有名な盆踊り)をやっていたらしく ちゃんと下調べしておくべきだった。 KCV氏に送ってもらって5時ころ帰宅。

2004/08/13

徹夜あけでもなんとか10時過ぎに新宿到着。 バスは11時なので、実家用のコーヒー豆を開店直後のホールビーンストア で購入。ドリップ用とプレス用と100gずつ挽いてもらった。 その後、京王のお菓子売場をウロウロ。 旨そうなお菓子をお土産にする(実際そんなに旨くもなかったけど)。 11時発は4号車まで出ていて、僕は2号車。隣の人がいなかったので 広々つかって爆睡。起きたら双葉。そんなに渋滞はしていなかった模様。 双葉を出るとノートPCで旅行記の続きを書く。 帰宅後、無線LANをセットアップして滞在中はケーブルを這わせなくても 済むようにする。

2004/08/12

研究室に泊まってオリンピックのサッカーを見る。

2004/08/07

午前中献血に出かける。久しぶり。渋谷ルームへ行ってみる。 都内のルームは土曜に行くと朝から満員のはずなのだが、 ここはガラガラで。CCSで血小板5サイクルだったので結構キツかった。 その後、東急ハンズで買い物をし、ふと歩いて帰ろうと思う。 地図は持っていなかったけど、なんとかなるだろうと思い歩き出す。 そのうちNHKが見える。この時点で結構逆向きに進んでいたので軌道修正。 そのうち、高級そうな住宅街に迷い込む。すると、いきなり某国大使館が 登場したり、玄関前に警官が詰めているような有力政治家の自宅を見つけたりする。 そのうち、駒場の東大の脇を抜け、後から地図をみるとかなりの大回りで苦笑した くらいのひどいルート取りで、なんとか環七に出る。 帰宅後、地図上で距離を測定してみたら、11kmにもなった。 そりゃ、環七に出たのが若林交差点よりさらに北だったから無理もないか…。
帰宅後、サッカーをフルで観て、買い物に出かける。 いつもは若者の溜まり場になっている近所の公園に誰もいなかった。 街の中にもだれもいなかった。いつもの土曜はもっといるのに。 その変わり、買い物帰りに警官から職質を受ける。 まぁ、防犯登録の照会だったんだけど、こちらとしても警察無線を 使っているところを見たかったので好都合(?)。 ちなみに、警察官は2陸特(3陸特だっけ?)を持っていることは 知人の警官から聞いたことがあった。 通信内容は電波法で書くとヤヴァイ?ので、細かくは書けないが、 フォネティクスコードをきちんと使っていたのは確か。 もちろん、登録された本人だったので無罪放免。

2004/08/04

毎週、トリビアの泉をビデオで予約しておき、帰宅後にみている。 自動墨すり機があるっていうのは、 祖父が持っているからずっと前から知っていたのに…。

はじめに戻る