2005年7月

2005/07/17

近所のラーメン屋へ今日も出向く。漸く顔を覚えてもらえたみたい。 ここの主人は、頑固そうで案外話し好きだったりする。 というわけで、群馬の山奥の温泉の話を聞いてきた。今度ネットで調べてみよう。

2005/07/16

今日から実家に帰省する予定でいたのだが、諸事情により急遽中止に。 午後、秋葉原に行ってみる。 頼まれていたモノを購入して、フラッとロケットのアマチュア無線本館に入ってみると、 アンテナがお手頃な値段で売っていたので衝動買いしてしまった。 帰宅後、早速取り付けてみると、やっぱりハンディのホイップより、かなり感度が良い。 飛行機だったら、名古屋上空まで入ってくるみたいだ。

2005/07/10

三島かどっかで運転停車していたみたいだが、適当に寝て過ごす。 東京到着直前に、列車ホテルは他の3編成の他に、この編成も列車ホテルになるとのこと。 でも、車内見回りするから、一旦降りてチョとのことだった。0140頃到着。 一旦降りて、もう一回乗って朝までzzz。
4時半ころ起きて、改札で遅延証明を受けて、みなさんと別れて帰宅。 帰宅後、夕方まで睡眠。

2005/07/09

愛知万博へ行く。東京発0605発に乗るべく、0500過ぎに家をでる。何とか起きることができて良かった。 朝食を摂ろうも、朝早すぎて何処も開いていない。仕方ないのでNewDaysでサンドイッチかって、 新幹線のホームでコーヒーを買って乗車。乗ったところでnori氏と落ち合う。 新横浜でsayuu氏も乗り込んできて、一路名古屋へ。 誰も予習してきてないので、何処を回るかとか全然決めていない。唯一sayuu氏が2回目の万博ということで いろいろと情報を得る。そのうち、名古屋到着。 名古屋からは、エキスポライナーという快速で、愛知環状鉄道の万博八草という駅まで行くのだ。 211系でロングシートだったので、あまり快適ではないが、このエキスポライナー、停車駅がなかなか少なくて良い。 懐かしいところを通り過ぎ高蔵寺から愛環へ入り、万博八草へ到着。 ここから、シャトルバスで行くか、リニモで行くかの選択だが、我々はリニモを選択。 この時点でスゴイ人人人である。しかたないので、そのまま列に並んで、なんとかホームへ到達。 わざわざリニアにしなくても、東山線延長しておけば良かったんじゃないかと再々思う。 レールの継ぎ目の音が無い以外は至って普通の乗り物。万博の駅について、入場引換券を入場券に引き換えて 入場…、とおもいきや、スゲー勢いで人がならんでる。荷物検査と金属検査だけど、ため息が出るくらい 長い列だ。ここで数十分ロスして、10時くらいに漸く内部に入れる。 携帯とかで待ち時間情報を仕入れて、25分待ちだった、JR東海のところへ行く。 列が屋根のあるところに差し掛かったとたん、激しい雨が降り始めた。危ない危ない。 JR東海は、超伝導のなんとかをやっていた。うーん。
トヨタとか有名どころはもう数時間待ちになってしまっていたので、 海外の国のパビリオンへと向かってみることにした。…すると途中でどっかの兄ちゃんが、 マンモスの整理券配ってるらしいぞと言う。すかさず我々もマンモスの券をもらいにいくことに。 そして無事マンモスの券を貰うことに成功。 あとは外国の展示を回ってみる。昼食には、呼び込みをやっていたバングラデシュに入って、 シシケバブ(こんな表記じゃ無かった気がするけど)巻きと、生ビールで昼食。 空きっ腹へのビールは相当効いた。
そのあと、中国館へ。丁度、女子十二楽坊みたいな演奏が始まって聞くも、 いつの間にか寝てしまっていた。爆。
結構凝ったところや、中は喫茶店みたいな感じのところとかいろいろ。 メキシコ館は結構良かったかな。駆け足で回りすぎてそこの国に失礼な感じがしながらも 多くを回ることができて個人的には満足。
マンモスの前にスーパーハイビジョンもあって、これはこの前の技研公開よりも かなり迫力あってきれいな映像でよかった。素材が良かったのかな。 マンモスは牙がピカピカしてた。
そんなこんなでヘロヘロになったので、帰りは電車で帰るのを止めて、東ゲートまで歩き、バスで名古屋駅へ 行くことに。万博会場の脇から高速に入って、名古屋駅近くまでフル高速で行ったのには驚いた。
夕食は、エスカでひつまぶし。一応、ガイドブックに載るような店ではあったみたいだ。 その後、隣の席の学生が、新幹線が止まっているらしいと話し出す。 食べ終わって駅に戻ってみると、新幹線止まっていた…。 しきりに復旧の見通したちません見たいなアナウンスが流れまくっている。 既にヘロヘロな我々は、壁際に座ってじっと再開するのを待つ。 sayuu氏、私、nori氏と順に東京での終電が無くなっていった。 23時くらいに漸く再開したとのアナウンスが入り、我々の新幹線も24時近くになって漸く入線してきた。

はじめに戻る