2000年旅行記 | 2001年旅行記 | 2002年旅行記 | 2003年旅行記 | 2004年旅行記 |
2005年旅行記 | 2006年旅行記 | 2007年旅行記 | 2008年旅行記 | 2009年旅行記 |
2010年旅行記 | 2011年旅行記 | 2012年旅行記 | 2013年旅行記
at Zトップに戻る

 

グリーンランドへオーロラ 8,9日目 2012/11/17,18

○ さようならデンマーク

予定通り起床だが、イマイチ体調は万全ではない。疲れすぎているのだ。それでも、7時の飛行機をとっているため5時過ぎにチェックアウト。

朝のコペンハーゲン空港

制限エリア内は比較的閑散

まだ5時台だというのに、空港はかなり賑わっていてさすがヨーロッパだと感じた。コペンハーゲンからは、スカンジナビア航空でフランクフルトに向かうこととなっている。ヨーロッパらしく、バゲージタグも自動で印刷されるチェックイン機でチェックインし、バゲージドロップで荷物を落としてセキュリティを抜ける。少しばかり時間があったのでラウンジで一休み。その後B4ゲートから搭乗。ペラッペラの搭乗券のバーコードを読み取って機内の人となる。機体はボンバルディアCRJ-900ER.恐らく初めて乗る機体ではないかと思う。ミルクティーを注文すると、三角パックのミニ牛乳が出てきた。

ラウンジで朝からワイン(ビエモ氏)

リージョナル機でフランクフルトへ

三角ミルク

すぐにフランクフルトには到着し、かなりの沖止めスポットにとまった。バス移動の際には、ルフトハンザのB747やレトロ塗装の機体など、色々見られて満足。

○ ドイツ国内で立ち寄り

今日は帰国の日であるが、半日ほど時間があるためICUでヴュルツブルクへと向かう。まずは不要なスーツケースを空港の手荷物預かり所へ預けた。そのあと、フランクフルトの駅からICUに乗らなければならない。コンコースにある券売機で切符を購入する。この券売機は、時刻検索機能なんかも単独でついていて、検索した時刻を印刷しておくなんていう機能もあった。

フランクフルト空港駅

時刻表

ミュンヘン行きのICUで1時間強で、ヴュルツブツクに到着。結構寒い。駅のコインロッカーにビエモ氏の荷物をいれて、まずは、「世界遺産ヴュツルブルクのレジデンツ」へ向かう。

ヴュルツブルク駅

町並み

あまり集積した都会という感じはしなかったが、道をトラムが走っているところをみるとヨーロッパらしく感じる。寒い道をトボトボ歩いていくと、大きな駐車場と広場が見え、そこがヴュルツブルクのレジデンツであった。入場券を購入し、ロッカーに荷物を投入して見学。事前の学習ができていなかったので、何がすごいのかよく分からなかったが、入り口の階段のフレスコ画がすごいらしい。ウロウロしていくとちょうどツアーが始まったのでさりげなくついて行くことに。なにやら説明しているが、ドイツ語で良くわかんない。とはいえ、一通り見学をし外にでて、こちらも有名な中庭を見学。季節が季節だけに花が咲いていることはなく、結構地味な感じであった。もちろん、庭の手入れは行き届いていた。その後、市街地へと向かい、歩き方に乗っているカフェに立ち寄る。ここで食事を頂いたものの、あまり空腹でもないので食べるのに時間がかかる。

レジデンツの庭

レジデンツの庭。天気はイマイチ

ヴュルツブルクのレジデンツ

そんなこんなで大体いい時間になったので、駅へ戻ることになった。路面電車の通りを駅の方へトボトボと歩いていく。土曜日だけあって人通りは多い。

賑わう駅で切符を購入。ここでドイツ在住の友人と会うビエモ氏と分かれる。ドイツ在住の友人と駅の地下道で落ち合うことができ、挨拶だけしてすぐにICEに乗り込む。このICEは空港駅まで直行しない。フランクフルト中央駅で乗り換える必要がある。乗り換え時間が短いようなので用心しなければならない。外の風景は良いのであるが、日本の新幹線と違って窓が汚い。そのため概ね寝て過ごし、終点のフランクフルト中央駅に到着。一応、英語のアナウンスもあったので、乗り換えのホームが分かったので急いで向かう。同じように乗り換える人も結構いた。

ICEの電光案内

フランクフルト空港駅

○ フランクフルト空港で

半日ぶりにフランクフルト空港に戻ってきた。カウンターは3時間前にあくらしいので、まだ少しばかり時間がある。フランクフルトの展望デッキへと行ってみようと思うが、どうやらANAやルフトハンザが入っているTerminal1ではなく、Terminal2にあるみたいだ。Sky Lineという電車もあるみたいだが、とりあえず歩いて行ってみようと思う。途中のキヨスクで会社用のミントを購入。階上のフードコートをすり抜けて展望デッキに出てみる。Terminal2はスタアラ以外の航空会社が使っているようで、大韓航空とJALのB777が並んでスポットインしていた。ちょっと外れの方にある展望デッキであったため、あまり面白みがない。成田の2タミの展望デッキみたいな感じだ。

ANAのカウンターの場所を確認

展望デッキ

展望デッキから望む航空機

その後、Air Trainに乗ってTerminal1へ戻る。フランクフルト空港でもう一つ特筆すべきなのは、巨大なパタパタ出発案内板である。シンガポールにあるのよりもでかいような気がする。1便1便飛び立つ度に、順番にパタパタパタパタ繰り上がっていきなかなか大変そうだ。カウンターが開きそうだったので預け入れたスーツケースを取り出してもらい、チェックインする。帰りはマイル大放出でとったFクラスで楽しみ。

パタパタ出発案内板

○ 帰国は爆睡

今回は免税品の払い戻し手続きがあったので、カウンターで荷物を預けるのではなく、税関のカウンターで荷物を預けることになっている。払い戻し手続きはフランクフルト空港のグローバルブルーカウンターでもできるのだが、いかんせん中国人が大行列を作っており、さらに成田にあるカウンターでも申請できるそうなので、ここでの払い戻し手続きはやめておいた。

すぐに出国し免税品店でおみやげを調達。その後セネターラウンジへ。すでに夜なのでシャワーを浴びて、ビールを一杯飲んでからほぼ搭乗時刻。

帰りの飛行機は、始めに飲んだウイスキーが効いたせいかどうかは分からないが、メインが出てくる直前で寝てしまい、起きたところで夕食を再開してもらうという大失態。お陰でせっかくのFクラスが全然楽しめず。今回は同じところに滞在していたので、あまり疲れることも無かったのだが、やはりなれない海外ということで疲れていたんだと感じた。日本海に出たところで朝食を頂き、いよいよ成田へと戻ってきた。

キャビア

前菜

サラダ

朝食

まもなく成田

空港はそれほど混んでいるわけでもなく、普通に成田エクスプレスにのって帰宅。

当日別行動

2012年旅行記へ戻る